TOP| |フォトライブラリー Photo Library| |お問い合わせ Information

Togyu Okumura's paintings 奧村土牛作品
1923(大正12年)34歳



 

Calf
作品『犢(こうし)』
第4回中央美術展作品
絹本墨画、額
56.2×70.2cm(文藝春秋表記)
56.0×70.1cm(北海道立近代美術館表記)
岐阜県美術館所蔵

振り返って見ると、私は人物でも動物でも花でも、
すべて「これから」という若さを感じたものを
作品の題材に選ぶことが多い。
これもその一つで、
仔牛で描いてみたいと思って描いたものである。
中央美術展のこの当時の審査員は、
平福百穂、川端龍子、松岡映丘、
鏑木清方の諸先生方であった。
平福百穂先生が新聞か『中央美術』 かに
この作品を賞めて下さったことを忘れない。
(文藝春秋刊『奧村土牛/自作自解』より jul.25 1979)


Search for Togyu Okumura's paintings 奧村土牛作品検索欄
▲ページ先頭へ戻る Back to Top

(重要) ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。
著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡をお願い致します。