TOP| |フォトライブラリー Photo Library| |お問い合わせ Information

Togyu Okumura's paintings 奧村土牛作品
1927(昭和2年)38歳



 

Cucumber field
作品『胡瓜畑』
再興第14回院展初入選作品
絹本彩色、額
194.8×86.0cm
東京国立近代美術館所蔵

多摩川に近い世田谷瀬田あたりの農家に通って、
苗を地植えしてからの胡瓜をずっと写生した。
支え竹は実際はもっと長いが、
構図としてこの辺の長さを捉えた。
(文藝春秋刊『奧村土牛/自作自解』より jul.25 1979)



 

Cucumber field
大下絵『胡瓜畑』
紙、鉛筆、墨、淡採・額
197.0×88.5cm
東京国立近代美術館所蔵

 

Little girl
作品『少女』
第8回中央美術展出品
絹本彩色、額
58.3×55.2cm
新潟県立近代美術館所蔵

『犢』の自解で
「若さを感じたものを題材に選んだ」と言ったが、
人物でも不思議に若い人を描いている。
これもその一つであろう。
モデルは当時十七、八歳の母方の従妹である。
大正15年上野に東京府美術館が完成、
その翌年、新会場での中央美術展に出品した。
(文藝春秋刊『奧村土牛/自作自解』より jul.25 1979)



 

Winter
作品『冬』
再興第12回院展試作品
絹本
53.7×69.1cm

これも赤坂一ツ木にいた時の近所の風景である。
赤坂麻布は丘又丘という地形で、
絵として面白いところが多かった。
(文藝春秋刊『奧村土牛/自作自解』より jul.25 1979)


Search for Togyu Okumura's paintings 奧村土牛作品検索欄
▲ページ先頭へ戻る Back to Top

(重要) ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。
著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡をお願い致します。