TOP| |フォトライブラリー Photo Library| |お問い合わせ Information

Togyu Okumura's paintings 奧村土牛作品
1939(昭和14年)50歳



 

Cattle of Yase
作品『八瀬の牛』
青丘会第4回展出品
絹本
65.4×88.0cm

この年、畏友酒井三良子、
太田聴雨諸氏と京都に遊んだ。
名は忘れたが或るお茶屋へあがった。
そのお茶屋の庭へ、八瀬の農家から
つれて来て見せてくれたのが、
この牛である。
(文藝春秋刊『奧村土牛/自作自解』より jul.25 1979)



 

Clear date
作品『晴日』
再興第26回院展出品
絹本
199.4×145.3cm

塩原での画材である。
大きい日本の赤松があった。
その幹に興味を捉えられて描いた。
以前随筆に書いたことがあるが、
この旅のとき、主人と娘だけの、
食事も出前という大きな素人旅宿に泊り、
夜中に蜂の大群に襲われるという、
一大不幸に遭った。
(文藝春秋刊『奧村土牛/自作自解』より jul.25 1979)



 

Sandiaojiao
作品『貂』
奧村土牛、金島桂華二人展出品
66.0×86.6cm

珍しい鳥獣のいることでは当時日本一と
言われた名古屋の動物園で写生した。
桂華氏との二人展の出品。
(文藝春秋刊『奧村土牛/自作自解』より jul.25 1979)


Search for Togyu Okumura's paintings 奧村土牛作品検索欄
▲ページ先頭へ戻る Back to Top

(重要) ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。
著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡をお願い致します。