1927年 作品『少女』

                 作品『少女』

「『犢(こうし)』で若さを感じたものを題材に選んだと言ったが、人物でも不思議に若い人を描いている」土牛談。モデルは十七か十八歳だった母方の従妹だ。師、梶田半古と小林古径は色香ある美人画を描いたけど、土牛の少女は素朴、いかにもでしょ。土牛研究員クロ

(重要)ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です