1927年 作品『胡瓜畑』

「世田谷瀬田あたりの農家に通って、苗を地植えしてからの胡瓜をずっと写生した。支え竹は実際はもっと長いが、構図としてこの辺の長さにした」土牛談。『胡瓜畑』は再興第14回院展で初入選。土牛のデビュー作とも言えるね。その畑は今もあるよ。

              作品と下絵『胡瓜畑』

下絵では竹が長く描かれている。「画家は制作を進めながら美学を研くが、写真家はその一瞬のために予習する」とカッちゃんが言ってたよ。土牛研究員クロ

(重要)ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です