1928年 作品『雨趣』

                 作品『雨趣』

「谷町に越した、この年の夏は殆ど雨。うすい胡粉で全体の調子をとりながら、見えるか見えないかの雨を一本一本描いた。今なら省くのだが、雨を細かく描く必要もないだろうと、新聞で批評された」土牛談。再興第15回院展に出品した作品だよ。土牛研究員クロ

(重要)ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です