1939年 作品『八瀬の牛』

               作品『八瀬の牛』

友人の画家、酒井三良子(さんりょうし)、太田聴雨と京都画壇の小林柯白を訪ねた。茶屋で休憩していると、庭に八瀬の農家から牛を連れて来てくれた。それを描いた作品だよ。柯白は胃潰瘍で48歳の若さで他界したんだ。土牛研究員クロ

(重要)ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です