1946年 素描『牡丹』

          素描『牡丹』 左が1946年、右が1965年の素描

奧村土牛記念美術館所蔵。この素描には「南佐久桜井村ニテ」と記されている。臼田で暮らしていた時に描いたものだね。円熟期の素描と比べると、線が直線的で無機質だけど丁寧に描いているね。1965年素描作品『牡丹』との違いを比べてみてね。牛研究員クロ

(重要)ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です