1936年 作品『餌(烏骨鶏)』

        作品『餌(烏骨鶏)』と養鶏に精をだす窪田幸子さん

当時の新進作家を九人集めた九皐会(きゅうこうかい)展作品。牛の歩みグループの仲間、農業家で学芸員の窪田幸子さんが育てる烏骨鶏の卵、ご飯にかけて食べるとおいしかったあ~。今は白血病でお休みしてるけど。この絵観て早く元気になってね。土牛研究員クロ

(重要)ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です