1939年 作品『晴日』

                作品『晴日』

「那須塩原で大きな赤松があったので画材にした。その幹に興味を捉えられて描いた。主人と娘だけの素人旅宿に泊り、夜中に蜂の大群に襲われるという不幸に遭った」土牛談。赤松を線でなく面で描く試みをした、まだまだという作品だね。土牛研究員クロ。

(重要)ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です