1944年 作品『信濃の山』

               作品『信濃の山』
       作品『信濃の山』を描いたであろう場所 高橋博美氏撮影

「妻子は信州に疎開させ、死んでも疎開は嫌だという母を守り、長男と妹の四人で東京に踏みとどまった。博物館前に高射砲座があって、それを狙い爆弾や焼夷弾が落とされ惨憺たる有様だった。妻子の疎開先信州上田側から描いた」土牛談。大変な時代だったね。

佐久在住の高橋博美さんによると「この奥にある山は菅平のように見える。冬場に寝雪になるのは菅平くらいしかありませんから。 真田辺りから描いたのではないでしょうか」との情報を頂いたよ。土牛研究員クロ

(重要)ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です