1949年 作品『白日』

        向日葵が希望の光として輝いて見えたんだって

「東京では、あまり見ない巨大な向日葵が疎開先の庭に咲いていた。それを主題にした。何の野心もなく描いた」土牛談。当時、管理人をされていた内藤さんが黒澤合名会社集会場の裏庭に植えた向日葵。カッちゃんには希望の光として輝いて見えたんだって。土牛研究員クロ

(重要)ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です