1952年 作品『花』

                 作品『花』

「疎開地南佐久から東京に戻った。その夏、前の住人が花が好きだったようで、季節ごとに色々な花が咲いた。題を『庭の一隅』にしようと思ったが、『花』にして院展に出品した 」土牛談。慌ただしい日々、庭の片隅に目を向けると、心和む題材があったのかな。土牛研究員クロ

(重要)ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です