はじめに

     ボク、土牛研究員クロ、これからいっぱい呟くからよろしくね

日本画家・奧村土牛の作品や写真アルバム、いろいろなエピソードを野良猫クロが呟きます。この記事はすでにツイッターで発信したものです。美術に関心のない方でも、土牛の人生や画道を通じて興味をもって頂ければ嬉しいです。

(重要)ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡お願い致します。

1917-1920年 古径述懐

      梶田半古塾新年会 左端が18歳の土牛、最前列中央が小林古径、
          髭をはやした人物が梶田半古 東京牛込 1907

1917年、土牛は、師・梶田半古さんが亡くなって、同熟生の金子光嶺さんと大森の新井宿に家を借りて共同生活を始めたんだ。近くに塾頭だった小林古径先生のお宅があったからだよ。

金子光嶺さんは1年程して急病で亡くなられたんだ。優秀で若い絵描きさんだったのにほんとうに残念。1920年、大森・馬込に古径先生の画室が完成した。土牛は留守番役を兼ね、画室で寝泊まりするようになったんだ。現在、画室は上越市に移築され、小林古径記念美術館になっているよ。

           小林古径記念美術館 窪田幸子氏撮影

古径先生は、新井宿の本宅から画室に毎日通っていた。土牛は、留守番役を兼ねて絵の勉強をさせてもらった。画室は、茅ぶきの大きな農家をそのまま残し、部屋の間造りだけを古径風の好みに変えたお洒落な画室だった。

15坪ほどの土間の玄関を上がると、次の10畳が応接間で、その奥が画室だった。玄関のかたわらの古びた机の上には、古風な烏籠が置いてあった。籠には一羽の山バトがいて、ときおり周囲の静寂を破って、ポッ、ポーッと啼いたんだよ。

当時の馬込は静寂そのものだった。隣に百姓家一軒と近くに馬込万福寺という寺があるだけで、あとは林や野原や畑が続いていた。古径先生のところも500坪ほどで垣根越しには何百本もの柿の木があり、見事な眺めだったんだって。

         小林古径記念美術館画室(復元) 窪田幸子氏撮影

土牛は心から尊敬する古径先生と絵を描けるのが、この上ない喜びだった。先生の精神の高さと絵に対する厳しさが身にしみてわかった。馬込の画室にはごく近しい人がみえるだけで、1日中ほとんど先生と土牛だけ、二人とも無口だったから、静かに一日が終わったんだよ。

古径先生が10日間紀州へ旅された時なんか、土牛はご用聞きとひと言ふた言話すだけで、誰とも口をきかなかった。画道に集中していたから寂しくなかったんだね。

画室のある辺りは蛇が多いことで有名で天井から大きな蛇がバサリと落ちてくることがあった。雨戸を開けると戸袋で眠っていた蛇が驚いて座敷に飛び出すこともあった。ヤマカガシという蛇で人間に害を及ぼす種類ではなかったみたいだよ。

古径先生の話を伺えるは、昼食時の一時間。いつも食パンを二切れ持ってこられ、10畳のいろりで焼いて食べられた。土牛もいろりを囲んで、半きんの食パンを食べるのが習慣だった。絵の批評は細かい事には一切触れず、高い見地から全体について話されていたよ。

                  奧村土牛

古径先生は、ああしろこうしろと口で言う代わりに、古典の名画複製を黙って見せてくれたんだ。源氏物語や信貴山縁起などの絵巻から、中国・宋元の名画、レオナルド・ダ・ビンチやラファエロなどのイタリア・ルネッサンスの作品まで。土牛は、技術だけでなく幅広い美学も学んだ。土牛研究員クロ

東京都大田区南馬込1-59-21、ここに邸宅とアトリエがありました。いまは、古径公園になっているようです。古径先生はこの年、延暦寺より伝教大師絵伝「十講始立」を頼まれて前田青邨と比叡山に行き、伝教大師絵伝の参考品を見られたとのことで、10日間紀州へ旅とはその事と思われます。 翌年、絵は完成しました。牛の歩みグループ学芸員・窪田幸子

(重要)ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡お願い致します。

1923年 作品『犢(こうし)』

              作品 『犢(こうし)』

「私は人物でも動物でも花でも、これからという若さを感じたものを作品の題材に選ぶことが多い」土牛談。大観先生の『朦朧体』に刺激され描いた意欲作、でも、シャープなのは足先だけ、『片ぼかし』の極意には届いていない。でも、頑張ったね。土牛研究員クロ

(重要)ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡お願い致します。

1923年 素描『秋刀魚とザクロ』

              素描『秋刀魚とザクロ』

奧村土牛記念美術館にあるよ。関東大震災でそれまで描いたスケッチ、下図、作品、全て焼失したんだ。だから、この素描は現存する土牛作品として歴史的に貴重なんだ。秋刀魚とザクロの構成と構図の工夫、新たな発想に挑んでいるのがわかるでしょ。土牛研究員クロ

(重要)ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡お願い致します。

1924年 作品『甲州街道』

                作品『甲州街道』

「長く京橋に住まっていたが大震災に遭い、しばらく青山にいて世田谷高井戸の畑にある一軒家を借りた。甲州街道がすぐ近くにあり、作品に描いた場所は、今の烏山あたりであろう」土牛談。このシリーズ、翌年描いた『家』で中央美術賞をもらったんだよ。土牛研究員クロ

(重要)ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡お願い致します。