41 もう、日光浴はしない

日本では色白は七難隠すと言ってもてはやされるけど、ブラジルでは小麦色の肌がチャームポイントなの。だから色白は肩身が狭い。チズちゃんは何時もブラジル人に「あなたは、青白い、ビーチに行って焼いておいでよ」と言われていた。ある日、友人のジュリアから「海の別荘へ来ない」と誘われた。

チズちゃんは、やっとビーチに行けると喜んですぐに承諾した。その別荘は歩いてすぐの所に海があって、砂浜では沢山の人が日光浴をしていた。チズちゃんはチャンスとばかりに、早く小麦肌になりたい一心で何時間も砂浜に寝転んでいたの。でも次の朝大変なことになっちゃった。

急に肌をやいたものだから、皮膚は真っ赤に腫れあがって熱を持っていた。頭もガンガンするし、吐き気もする。体中がヒリヒリして痛くてどうしようもない。水と酢を混ぜた酢水がよいといわれて、赤くなっている所をペタペタと冷やしながら、やっと痛みがおさまったのは4~5日経ってからだった。

完全に熱中症になっていた。皮膚はボロボロと剥けて悲惨。あんなに一生懸命焼いたのに肌は小麦色にはならず、もとの色に戻っていた。それ以降、ブラジル人になんと言われようと、ビーチで長時間の日光浴はしないことにした。三毛猫タヌー

(重要)ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です