フランス旅行顛末記 11

           Radish & Bread ラディッシュとパン

パリの日曜日

2011年5月22日、朝食後、アレジア駅近くにある日曜日だけオープンするミニ・マルシェで新鮮な白とピンクに染まったラディッシュとマッシュルームを昼食用に沢山買う。かたわらでは、おじさんが様々な魚を氷の上に並べて大声で叫んでいる。その中に Raie と書かれた、余りみたことのない丸い魚があったのでクロードに聞いてみるとアンコウだとういう。フランスのアンコウはヒラメぐらいの大きさで、日本のアンコウとはぜんぜん違う。所変われば品かわるだ。

昼食は朝買ったばかりの生野菜、そしてクロードがフェンネルをオリーブオイルと酢でマリネしただけのサラダを作った。シンプルなのにとても美味しい、新鮮だからだろう。それにラビオリ(冷凍食品)を温めたもの、デザートはシャーベットとカフェ。

昼食後、サン・マルタン運河に行く。Gare L’est(東駅)で降り、駅前の公園を通り抜けたところに運河はある。運河は1825年に開通、全長は4キロ余り。1970年には高速道路建設で危うく無くなりそうになったが、後にこの計画は中止されて今に至っている。

当初は飲料水を導くために使われていたが、今はレジャー用だ。その為か水は澱みゴミも沢山浮いている。私が想像していたのとは相当違っていたのでガッカリ。まわりの環境も少々治安が悪そうで、ちょっと怖い感じがしたので早々に引き揚げることにした。君子あやうきに近寄らずだ。

あとで調べてみると遊覧船もあるとかで、もう少し先まで歩いていけば良かったと後悔先にたたず。 クリニャンクールが近いというので、骨董好きの私は行ってみることにしたが、骨董屋が見当たらない。昔相棒がパリに住んでいた時には、駅前から骨董屋が軒を連ねていたそうだ。

今は安物の皮や靴、ニセモノブランドバッグなどを売っていて、客ひきが道路にいっぱい立っている。スリにとっては、かっこうの場所だ。クワバラ、クワバラ。多分、骨董屋は別の場所に移動したに違いない。それとも降りる地下鉄の駅を間違えたのか、判らないので地下鉄に乗りアレジアに戻る。

昨夜、イタリアンレストランにクロードと行く道すがら、アレジア通りの舗道の上に白いチョークで枠割してあった。彼女に聞いてみると日曜日には、時々フリーマーケットをするという。こちらではアティックセールと言うそうだ。アティックは屋根裏部屋のことだから、そこにたまった雑貨や不用品を売っていたことから名付けられたのだろう。

そこには200軒以上が出店していた。買った古い家具を大事そうに抱えている人や家族連れで賑わっている。ひやかしながら通りを歩いていると、くしゃみと鼻水がとめどなく出てアレルギー症状になる。アティックセールのホコリのせいか、それとも5月に咲く植物の花粉が理由なのかは判らない。とにかく何事もなくパリの日曜日、時間はゆったりと過ぎてゆく。

文:吉田千津子 写真:奥村森

(重要)ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です