フランス旅行顛末記 14

             La tour Eiffel エッフェル塔

やっと帰国

2011年5月25日、いよいよ帰国の日。モンパルナス駅前からリムジン・バスに乗ってシャルル・ドゴール空港に向かう。バスは乗客で満員。運転手に国際線のエール・フランスまでと告げると、彼は「判りました」と返事をした。空港に到着すると、次々乗客が降りて行く。いよいよ私達が降りる国際線なので準備をして運転手に「ここなの」と何度か聞くと「ここだ」というので慌てて荷物を持って降りたのだが、なんと一つ手前のバス停で降ろされてしまった。仕方なく重い荷物をひきずりながらエール・フランスのカウンターまで行った。

空港はアイスランドの火山噴火で500便以上のヨーロッパ線、国際線がキャンセルになっている。そのために国際線は閑散としている。カウンター前には時間が早いせいか乗客がぜんぜんいない。見回すと、カウンターの手前にセルフ・チェッキングのコンピュータが10台以上並んでいる。チェックインは昨日すでに済せてあるので、あとはボーディング・パス(搭乗券)を受け取るだけである。コンピュータ前に男女2人の係員が暇をもてあましていたので聞いてみる。

「ボーティング・パスはカウンターで貰うのですか」と聞くと、女の係員は「いえいえ、お客様自身がコンピュータに入力して受け取って下さい」という。「えっ、私達一度もボーティング・パスを発券したこともないし、コンピュータはフランス語なので教えてもらえませんか」と頼んだが、彼女は「判らない時は呼んで下さい」とつれない言葉をのこして行ってしまった。

私達団塊の世代は、コンピュータの言いなりになるのは抵抗がある。仕方なく2人で知恵を出し合い、やってみることにした。コンピュータで切符のチェックインが出来たのだから、きっと大丈夫だろう。 コンピュータの指示どおりにボタンを押すと、判らないフランス語が出てきた。いい加減に Oui(はい)と押すと1人200ユーロを別払いしろとの表示が出た。

何で支払う必要があるのかが判らない。もう切符は支払ってあるし、座席も決まっている。そこで、先程の女係員を呼んで聞いてみると、よい座席に変更したい人は、200ユーロ支払えば変更出来ますという説明、しかし私達はこれ以上支払う気はない。

彼女は仕方ないなという顔をして、チョコチョコとコンピュータを触り「Voilla」(どうぞ)といって2枚のボーディング・パスを出してくれた。私が航空会社に働いていた頃とは違い、今は乗客もコンピュータが出来ないと飛行機にも乗れない時代になった。特にコンピュータ世代に育っていない私達には生きにくい社会になって来た。

ボーディング・パスには出発時間は時間通りと印刷してある。アイスランドの噴火の煙は幸運にもまだフランスの上空には到達していないのか。パスポートチェックを受けてゲートまで行く。ゲードはガランとしている。そこは日本の閉鎖的なゲートとは違い、ドーム型で天井が高く、外光の入る明るく気持ちの良いゲートになっている。

テレビモニターに出発時間が刻々と映しだされる。エール・フランスのカウンターからゲートまでの距離があるので、航空係員や空港従業員用はセグウェー風のスクターの様な乗り物を使って空港内をあちこち走りまわっている。相棒は、その乗り物を羨ましそうに横目で見ながら欲しがっていた。

そうこうしている内に出発時間が近づいて来た。しかし呼び出しもなく、乗客もパラパラと座っているのみ。やはり遅れそうだ。遅れても今日搭乗できれば御の字だ。思ったより早く飛行機は1時間半遅れで離陸した。機内は、やはり空いていてパリからの乗客は少なく日本人の客が多かった。

重い荷物を上のコンパートメントに入れようと四苦八苦していると、何処からかともなく「助けましょうか」と日本語が聞こえた。振り向いても、それらしい日本人はいない。その声の主は隣に座っているフランス人の青年だった。彼は、Rennes(レンヌ)の出身で、以前少し日本に住んだことがあるとのこと。今、家族はスペインに住んでいると言っていた。

今回は、日本語の検定を受けて仕事をしたいと日本語の猛特訓をしていた。機内でも一生懸命、教科書をだして勉学に励んでいた。離陸して何分かして機長のアナウンスがある。それによると今日のフライトはアイスランドの火山噴火の煙を避けるため、いつもの飛行ルートを変更し、ポーランド上空を迂回することになり、飛行時間は大幅に遅れるだろうとのことだった。

しかし、旅は道づれ世は情け、パスポートを盗まれたり、地下鉄で女検札官につかまりそうになったりと色々な事件に巻き込まれたが、ケガも病気もせず日本に無事辿り着けたのは運が良かったと言うしかない。それにフランス人青年に助けられたり、泊まる予定のなかったクロードのところにお世話になったりとフランス人の情けを感じた。

結局、飛行機は午前9時の到着予定が、大幅な遅延で私達が成田に到着したのは午後1時だった。4時間遅れである。乗れるはずのリムジン・バスはとっくに行ってしまい、次のバスは午後3時だと聞いて疲れがどっと出た。タクシーに乗るのはもったいないので、成田空港で時間をつぶしてやっと帰途に着いた。今回の反省として、次回から旅する時は方角をよく調べてから出かけることに決めた。

文:吉田千津子 写真:奥村森

(重要)ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡お願い致します。