カテゴリー
『奧村土牛研究員クロ』

1923年 作品『犢(こうし)』

作品 『犢(こうし)』

「私は人物でも動物でも花でも、これからという若さを感じたものを作品の題材に選ぶことが多い」土牛談。大観先生の『朦朧体』に刺激され描いた意欲作、でも、シャープなのは足先だけ、『片ぼかし』の極意には届いていない。でも、頑張ったね。土牛研究員クロ

(重要)ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA