カテゴリー
『奧村土牛研究員クロ』

1933年 作品『孤猿』

土牛が峡谷を描いた代表作といってもいいね。山梨の昇仙峡と上野動物園の猿を組み合わせた作品。速水御舟に感化され大胆な構図とモンタージュで内面表現をしたの。孤猿という題名は画家土牛の未来を暗示しているよ。カッちゃん大好きな作品なんだって。土牛研究員クロ

(重要)ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA