4 盲導犬

                  Dog 犬

京王線南大沢駅は、都心から遠いので身体の不自由な人やお年寄りにとっては席に座らないと厳しい。車両には「おもいやりゾーン」があり、こういう人たちのために優先席が用意されている。

帰路につくため乗車したのは夕刻だった。中高生の下校時間と重なったのでかなり混んでいた。僕は、新宿から間もない明大前駅から乗車したので優先席に座ることができた。優先席は行儀よく腰掛けると4人は座ることが出来る。調布駅で横にいた2人が下車、代わりに男子高校生が、その場所に1人で2席を独占して座った。

茶髪の彼はパンツが見えるほどズボンを下げ、胸をはだけ、大股開きで足を組んで座った。近くの乗客は関わると厄介だから見てみぬふりをしている。

途中駅から盲導犬(白いラブラドール)と目の不自由な外国人女性が乗車してきた。盲導犬は彼女を素早く「おもいやりゾーン」に誘導した。僕が席を譲ろうと思った、その瞬間、男子生徒の前に座り、組んだ足に前足で3度、ポン、ポン、ポンと触れた。

周りの乗客は、固唾を呑んで見守っていた。寝たふりをしていた高校生はしぶしぶ席を立った。外人女性が「サンキュー」とひとこと言うと、高校生はバツが悪そうに去っていった。

もし誰かが、その青年に無理やり席を立たせていたら、恐らく喧嘩になっていただろう。相手が犬ではどうしようもない。僕は、的確な判断をする盲導犬の素晴らしさに感動した。

文と写真:奥村森

(重要)ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です