62 やっと仕事に慣れる

            機内サービスをするチズちゃん

フライトをする以外にも1ケ月に一度位、プラントンと呼ばれるスタンバイの日があり、フライトの準備をしてクルー待合室で飛行機が離陸するまで待つ。もし、クルーの誰かが遅刻や病欠した場合、代わりにそのフライトクルーに組み込まれる。飛行機出発後、何事も起きなければ帰宅する。

初フライト以来、コーヒーの香りとオーブンで温められた機内食の臭いで酔ってしまい、フライトの度に吐きそうになっていた。機内では飲まず食わずで働くチズちゃんは、この仕事は自分にはあわないと思い、止めようとさえ思った。でも、2~3カ月もすると、ようやく普通に働けるようになった。

ブラジルの労働基準法で1カ月に出来るフライト時間には制限がある。まず76時間以上は働けない。なので南米線以外は東京、ロスアンゼルス間だと3往復から3往復半以上は飛べないことになる。それに一年間働くと1カ月間の休暇を貰えるという規定があった。三毛猫タヌー

(重要)ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA