88 Normandie 通りのアパート

新しいアパートに引っ越してからも、チズちゃんは何時ものように月3回のフライトをこなしていた。オフの日はスーパーに買い物、掃除と忙しい。ある日、アパートメント前に一台のミニトラックが停車していた。観察してみると、その荷台にはショーケースが置いてあり沢山の魚が並べられていた。
ミニトラックのオーナーは日系人。時間が経つごとにお客さんが集まってくる。この車は移動販売の魚屋さんだった。尋ねてみると週一度、同じ曜日、同じ時間にここに停車して魚を販売しているという。今住んでいるアパートにも日本人の駐在員の家族が一組住んでいることも分かった。
アメリカのスーパーの魚は余り新鮮ではなく、目がどんよりとした魚が多い。日本人は日系人が経営する魚屋や日本食品を売るマーケットにわざわざ魚を買いに行く。アメリカ人の典型的な食事はステーキとポテトだから、魚をあまり食べない。最近は食生活が見直され魚の需要も増えてはいるが。
移動販売の魚屋がくるたびに常連が集まるので、その内なんとなく知りあいになる。その中に3歳のとても可愛い、髪の両側にリボンを結んだ女の子とお母さんがいて知り合いになり、挨拶をするようになった。彼女はすこし離れた場所に住んでいて魚が好きなので度々買いにきていると言った。
その親子はNさんといった。ロスには日系人や日本人駐在員家族が多く住んではいる。チズちゃんはロスに住み始めてから日本人と余り会う機会がなかった。折角アメリカに住んでいるのだから、もっとアメリカ人社会を知りたいと思っていたので、なるべく日本人を避けていたこともある。
Nさんの3歳だった可愛い女の子は、後にタレントとして日本で活躍するとは夢にも思わなかった。ロスには沢山の日本人駐在員家族が住んでいるが、何時も日本人同士で集まり母国語ばかり話しているから、英語がままならない。それでロスに居るにもかかわらず、日本人だけの社会を築く事になる。
アメリカは多民族国家。様々な人種が住んでいて各々がコミュニティを作っている。ロスには日本人街、チャイナタウン、コリアンタウン、メキシコ人街(オルヴェラ・ストリート)ベトナム人街等それぞれが街を作っている。チズちゃんは色々な文化が融合している国が大好きだ。三毛猫タヌー
(重要)ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA