1941年作品『遅日』

             作品『遅日』と下図

「正月急性肺炎になった。41度の高熱で意識不明に陥った。この病気で骨と皮ばかりに衰え、六月熱海に静養に行った。奥湯河原に2頭の驢馬がいた。可憐だった」土牛談。死ぬか生きるかの病床の中、看病する妻仁子と自分を驢馬姿に置き換えて描いた作品だよ。土牛研究員クロ

平櫛田中氏からの書簡には、次のように記されています。

 彫刻家・平櫛田中氏から奧村土牛と仁子に届いた見舞いの書簡、右は当時の土牛

拝啓 御主人様がご病気とのこと、 斎藤小林両先生より伺いました。 影ながら案じております。 直ちにお見舞いに伺うべきところですが、 お取り込み中、却ってご迷惑と思い控えております。昨日、斎藤先生に伺えば、 御主人様は少し快方に向かわれているとのこと何よりです。 しかし何とぞ何とぞ御大切に。快癒を念じております。 失礼ながら手紙にて、御見舞いのみ申し上げます。 屯首 正月十四日 棹次郎 奥村土牛様 令夫人様 敬具

(重要)ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です