33 ポルトガル語教室入学

何とか日常会話が判るようになった数カ月後、キリスト教大学にある外国人の為のポルトガル語教室に入学することにした。せっかくブラジルまでやって来てポルトガル語が話せないなんて、つまらないし、楽しくないとチズちゃんは考えたの。

ポルトガル語で一番大変なのは、動詞の活用なの。一人称、二人称、三人称、複数とすべて変化する。現在、過去、未来でも変化。それでチズちゃんの頭の中はパニック。なにしろ、いくら考えても出て来るものじゃないから、全部憶えるしかない。でも無理なのでよく使うものを重点的に憶えることにしたの。

外国語を勉強する秘訣は二つ。間違ってもいいから、構わず喋ること、日本の人は間違ったらどうしようと引っ込み思案の人が多い。そうしながら正しい言葉を憶える。もう一つは、赤ちゃんのように誰かが言ったことばを、オーム返しして憶えるのが、一番てっとり早い方法。

クラスは6人、若い人はチズちゃんだけ、あとはおばちゃんやおじちゃん。一人のおばちゃんは「私、長いことブラジルに住んでるけど、正しいポルトガル語を話したくて入学したの」と言っていた。年をとっても勉強をする人は素晴らしい。6カ月の授業が終わって、卒業したのは3人だけだった。三毛猫タヌー

(重要)ここに掲載する記事、写真等は全て著作物です。著作権法に従って無断転載を禁止します。記事を利用される方はご連絡お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA